アンチエイジングサプリメント(ピクノジェノールの効果)

ピクノジェノールとは

フラボノイドといわれている物質は植物から得られる栄養素で、強力な抗酸化作用を持っています。
フラボノイドには数多くの種類がありますが、中でもピクノジェノールというサプリメントが注目を集めています。ピクノジェノールは、フラバンジェノール、フランス海岸松エキスともいわれており、名前のとおり海岸松の樹液から採取されています。

ピクノジェノールは美容面での効果が高いことで有名ですが、この効果はプロアントシアニジンという物質の働きによるものです。

プロアントシアニジンは抗酸化物質としての働きである活性酸素の害から体を守る効果が強いため、老化防止を目的としてとっている人が多いのですが、他にも血管を強くする効果、抗炎症効果、血行を良くする効果があります。

ピクノジェノールは抗炎症効果があるため、年齢とともにリスクが高まってくる歯肉炎、歯槽膿漏などの歯周病を予防する助けになります。そのほかにも炎症全般を防ぐ働きがあります。

血液脳関門という脳へ余計な物質が入ってくることを防いでいる器官があります。この血液脳関門に入ることができる栄養素は限られているのですが、このプロアントシアニジンは数少ない栄養素のひとつです。

プロアントシアニジンは血行を良くする効果があり、血液脳関門を通過することができるため、脳の血行が良くなります。これにより集中力や記憶力を高める効果も期待されています。同時に抗酸化物質であるプロアントシアニジンは脳を活性酸素の害から守ることもできるのです。

ピクノジェノールを摂ることで花粉症を抑える効果も期待できます。花粉症の不快な症状はヒスタミンという物質が分泌されることで生じますが、ピクノジェノールに含まれるプロアントシアニジンは抗ヒスタミン効果があり、同時に鼻やのどの粘膜を炎症から守ります。血行を良くする効果も花粉症に効くといわれており、花粉症は血行の悪い人がなりやすいということも関係がありそうです。

プロアントシアニジンはビタミンCの効果を高める働きもします。ビタミンCは水溶性のビタミンで抗酸化物質なのですが、プロアントシアニジンはビタミンCが細胞の中に入るのを助ける効果があります。
プロアントシアニジン自体が抗酸化作用を持ち、かつビタミンCも強力な抗酸化作用がありますので、このふたつの抗酸化物質の組み合わせにより、いっそう強力な抗酸化効果すなわち老化防止効果が望めることになるのです。

ピクノジェノールの効果と働き

  • 抗酸化作用があり、活性酸素の害から体を守る効果がある
  • 抗酸化物質であるビタミンCの働きを助ける効果がある
  • 血行を良くする効果がある
  • 炎症を防ぐ効果がある
  • 花粉症やアトピーなどのアレルギーを抑える効果がある

食品に含まれていないプロアントシアニジン

ピクノジェノールを摂る目的は、有効成分であるプロアントシアニジンの効果を利用したいからです。しかし、プロアントシアニジンは種や皮などの通常は食用とせずに捨ててしまう部分に含まれているため、なかなか効率的に摂る事ができません。そのためピクノジェノールのサプリメントで摂ったほうがいいでしょう。プロアントシアニジンはブドウの種にも多く含まれています。ブドウの種もサプリメントとして販売されているので、こちらでもプロアントシアニジンを摂ることができます。

ピクノジェノールは空腹時に摂る

一般的にハーブサプリメントは空腹時に摂るほうが吸収がよいとされています。ピクノジェノールやブドウの種エキスを摂る場合も、空腹時が最適です。