水素サプリメントの効果について(水素の効果)

話題の水素サプリメント

ここ数年、水素サプリメントや水素水が話題になっています。
通常、サプリメントや健康食品は流行に波があり、しっかりとした効果があると認められるまでには、ある程度の時間がかかります。水素サプリメントの場合、製品によっては効果があやしいものもありますが、愛用者が多くなるにつれて、市民権を得た感があります。

多くのサプリメントが複雑な化学構造であるのに対して、水素サプリメントは極めてシンプルです。このシンプルな水素のみというサプリメントがどのような効果を持つのか、考えてみたいと思います。

水素を摂る目的は抗酸化

活性酸素の害から体を守る抗酸化物質は数あるサプリメントの分野でも一大分野となっています。
活性酸素の害があらゆる病気の原因となり、老化促進の最大の原因でもあることがわかってきたため、人々の関心が抗酸化物質に集まったのです。アンチエイジングやアンチオキシダントという言葉は抗酸化物質に深い関連があります。
この抗酸化という作業を効率的に行える水素が注目され始めたのが、ここ数年の出来事なのです。

強力な抗酸化力がある水素

さて、抗酸化物質は数多くあります。にもかかわらず、水素が騒がれるのはなぜでしょうか。
その理由は抗酸化力の強さです。水素は他の抗酸化物質よりもはるかに抗酸化力が強いのです。面倒な化学の話は避けますが、同じ分子量の抗酸化物質と比較した場合、水素は比べものにならないくらいの抗酸化力があります。

効率よく抗酸化が可能な水素

血液脳関門というフィルタがあります。この血液脳関門とは脳に有害な物質が入ってこないようにフィルタの役目を果たしているのです。これは素晴らしい人体の仕組みであるのですが、多くの抗酸化物質もフィルタされてしまうことになります。
抗酸化物質がフィルタされてしまうということは、活性酸素による脳へのダメージを防げないということです。抗酸化物質がフィルタされてしまうのは分子量が大きいことが原因です。大きすぎて、通り抜けられないのです。対して水素は極めて小さいため、容易に血液脳関門を突破することができるのです。極めて小さいという水素の特性は体のあらゆる部分で抗酸化力を発揮できることになります。このような抗酸化物質は貴重です。

もうひとつ、抗酸化物質は活性酸素を除外し、役目を果たした後も体に残ります。今度はこの役目を果たした抗酸化物質を排出するなりの処理が必要になりますが、この処理は体に負担をかける場合があり、有害となる可能性もあります。対して水素は酸素と結合して、無害な水となりますから安全性にも優れているのです。

水素サプリメントの種類

水素サプリメントですが、ふたつの種類があります。
ひとつは水素水という水素を多量に含んだ水です。もうひとつはカプセルに入った粉末のもので、体内で水素を発生する性質があるものです。ここ数年で水素サプリメントも多くなったため、いろいろな製品から選べるようになりました。水素サプリメントは高価である場合が多いのですが、アンチエイジングが目的ならば、まずはじめに検討する価値があるサプリメントだと思います。

QLOOKアクセス解析